妊娠線は誰にでも起こる?

妊婦さんにとって悩みごとの一つに妊娠線ができたらどうしようと考えている方が多くいますが、実際は妊婦さんのおよそ過半数以上の方が妊娠線が現れてくるというとも言われています。

 

もちろん、原因は人それぞれなのですが、「妊娠中にはなるものなのね」というスタンスでいることで、余計なストレスも溜めなくていいですし、なによりも赤ちゃんのためにも、深刻になってはいけません。

 

また、妊娠中に妊娠線が出てきた、あるいは目立ってきたという方でも、その後のアフターケアをしっかりとしておけばきれいになります。

 

さらに、妊娠線は妊娠中のケアよりも、その前の妊活中にケアを意識しておこなうことで、妊娠線自体が出にくいお腹を作っていくこともできますので、ここでしっかりと学んでいきましょう。

 

まずは原因を知って正しいケア♪

そもそも妊娠線ができてしまう原因はなんなのでしょうか。大きくわけで2つの原因が考えられます。

 

一つ目は、妊娠中のお腹のハリに皮膚が耐えられなくなり妊娠線ができてしまいます。そして、二つ目の原因として、妊娠中はホルモンバランスが乱れていることから、肌が普段よりも硬い状態になりがちです。

 

そのため、お腹の皮膚もダメージを受けやすくなり、その結果として皮膚組織が裂かれてしまい妊娠線ができてしまうのです。こうして見ていくと、どちらもお腹の肌ケアがとても重要になってくることがわかります。

 

さらに、ここでのポイントは「保湿」です。ホルモンバランスが乱れて、ただでさえ弱っている肌ですから、お腹の保湿ケアは、妊娠中にとって大切なのです。そのため、妊娠が分かる前の妊活のときからお腹のケアを心がける必要がります。

 

妊娠線と同じと勘違いするものに正中線があります。正中線は、妊娠中のホルモンバランスの変化やメラニンの関係で黒ずんで見えるのですが、早く治したい場合は、専用のクリームもありますので、こちらを利用すると良いでしょう!